ちょこっと薬膳小話#6

ちょこっと薬膳小話#6

こんにちは

omoや545スタッフmaiです
みなさま おげんきですか?
さて、今日も
omoや545の 国際中医薬膳師、
航海士(ディレクター)仲田 早苗 の
「ちょこっと薬膳小話」 
お送りします♪
小話の中では、
季節の薬膳弁当のメニューについて説明させていただいています。
本日の季節の薬膳弁当は『青』です
(毎週木曜 らんらん亭 様で購入いただけます。
 数日前にご予約いただければ店舗でもご用意いたします。)
家庭料理の参考にしてくだされば幸いです♡
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  • ちょこっと薬膳小話 ●

     

    暦上では春とはいえ、

    三寒四温で寒い日もありますが、いかがお過ごしでしょうか?

     

    冬の間から、

    「ちょこっと」ずつ春を迎えるにあたっての養生法をお伝えしてきましたが、

    これからがまさに答え合わせの時期。

     

    花粉症を持っている私としては、

    今年どれくらい症状が出るかな、

    冬の間の養生は足りていたかな、とドキドキしながら待つ頃です。

     

    中医学の中には、

    季節ごとに注意すべき要素があります。

     

    春の五臓は「肝」、六腑は「胆」五官は「目」五感は「怒」、五味は「酸」、五色は「青」

     

    大雑把に要約すると、

    春は肝と胆という臓器が活発に動くので、

    負担をかけすぎると目に症状が現れる。

     

    イライラとして怒りやすくなる。

    そのためには、酸味のあるもの青色のものを摂り入れると

    肝胆の助けになるよ、となります。

     

    薬膳弁当には、

    冬の間から必ず酸味のあるもの、

    漬物や酢の物柚子などの柑橘類等を取り入れてきました。

     

    ただし、あまり過剰に酸味を取り入れすぎると

    「肝が縮む」と言われ、

     

    逆に動きを悪くしてしまうので、

    日々の食卓に箸休め程度に取り入れて頂くと良いと思います。

     

    ほうれん草小松菜など冬の葉野菜にはじまり、

    ふきのとうぜんまいつくしなどの山菜や、

     

    菜の花クレソンせりセロリなど

    独特の風味を持つ香味野菜は、

    肝を助ける「青」の食材の代表格です。

     

    畑にも市場にも増えてくる青い食材を、

    ぜひ探してみてくださいね。

    ちなみに里芋も、芋類の中では珍しく解毒作用を持つおすすめ食材です。

     

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     

     

    いかがでしたでしょうか

     

    冬の間、しっかり養生できていたかなあ・・・

    春の答え合わせ楽しみですね^^

     

    皆様が元気で過ごされいますように

    それでは 今日も素敵な1日をお過ごしくださいハート